エッジライン加工@


レンズ形状変更男性フレーム


最強度プリズムレンズ眼鏡


レンズ形状変更女性フレーム


盛り鼻パット製作


ピンフィール左玉破損入替え
加工室はありません。

リムレス枠玉型変更製作


昭和20年代K18枠レンズ交換
加工室はありません。

ピンフィール玉型変更入替え


強度レンズちょっと加工@


強度プリズムレンズ眼鏡


近用部拡張



 
加工室  右同名半盲補助眼鏡

 
 同名半盲の方のためのフレネル膜プリズム装着事例を掲載したところ、全国から問い合わせを頂きました。
 
 その後の作製において、下記眼鏡が若干なりともお役に立てればとご案内いたします。ただし、膜プリズ
 
 ム自体には、視野を広げる効力はありません。 残念ながら有益性は、貼り付けることで「外観を損ねる」 
 
 ことも考慮すると低いと思われます。 
 
 
< 用途 >
 
 自動車運転時に、交差点での右方向からの車両等の接近を、わずかな右方向への目線移動により予備
 
 確認することを目的とします。 右同名半盲の人の補助具として自動車運転の安全性の向上を図ります。
 
 
 
 < 製作図と仕様について >
 
 最強度40△(プリズム)のフレネル膜プリズムをしっかりと矯正された右レンズの裏面に、瞳孔から5.5
 
 ミリ外側から耳側にかけてBO(ベースアウト)で貼り付けします。
 
 5.5ミリに境界線を作れば、正面視では見えないはずですが、仮貼り付けして見てもう少し広げるなりし
 
 て快適になるように調整します。40プリズムは1m先にある物体が40cmずれて見えることを示します。 
 
 つまりこのように装着して視野に入ると視線20m先にその右8mにあるものが見えることを意味します。
 
 

 

< 製作依頼について >

 遠方の人は、どうぞ近くのメガネ屋さん(認定眼鏡士が在籍する店をお勧めします)に作製を依頼なさっ
 
 て下さい。ただしフレネル膜プリズムは、通常は斜視眼の補正用として右もしくは左レンズの裏側全体に
 
 装着しますので、今回のように右側のそれも途中で真直ぐカットして張り付けるような装着はしたことが
 
 ないメガネ職人が多いと思います。  同名半盲という言葉と症状そのものを知らない眼鏡従事者が多い
 
 のも事実です。 たぶん小児眼鏡を扱うメガネ業者なら加工を引き受けてくれるだろうと思います。
   
 
 
< 備考 >
 
 @上のように装着すると、使用者が正面視している状態では、フレネル膜の境界がご本人の温存視野に
 
 入らず違和感を感じません。 半盲という視野欠損した状態を改善したいことが、ご本人にとって一番の
 
 ご要望なのですが、はからずも半盲状態に慣れて来られた方には、むしろ自然な状態と言えます。
 
 つまり現状視野をフレネル膜が広げることを意図していません。もし半分に狭くなった視野の一部を使っ
 
 て見えなくなってしまった視野を取り込もうとすると、むしろ視野を狭くするばかりか、視野の混乱を生
 
 じてしまいます。 
 
 Aこの作例は、右眼の矯正視力が良好であることを前提としていますが、 左眼鼻側にはプリズムを装着し
 
 ないことを良しとします。 理由は、現在見えないはずの左眼鼻側視野は、脳がその欠損を自覚しない場
 
 合が多いからです。 左鼻側に貼らないでおくと、右方視時にむしろ視野を邪魔しないようです。
 
 B左同名半盲の人のものではありません。 左の人にも左眼耳側に右と逆に作れば良さそうですが、道路
 
 のレーンが数車線ある場合の車線変更に便利? かもしれませんが、実用性は右以上に低いと思われます。
 
 C右レンズ全体に膜プリズムを貼って、右眼に失われた右方向の視野を移し込み、左右の違う像を頭の中
 
 で展開しうるようにリハビリを行う。 これは、机上の空論です。だいいち年配者は累進眼鏡を装用する
 
 ことで少なくとも右眼鼻側の近見視野を生かせるのですが、全面プリズムではそれすら損ないます。
 
 Cフレネル膜は、塩化ビニルかそれに近い材質で出来ていますが、薄く軽くプリズム性能を得られるもの
 
 のもともと解像性能は悪く、鮮明像は期待出来ません。
  
 
 
 
 

<フレネル膜プリズム装着加工へ>
 

カルチェとディオール
カルチェとディオール

エッジライン加工A


破断枠修理


プロの小技(こわざ)@


他店品不良修整


強度レンズちょっと加工A


遠近用レンズ形状変更


プロの小技(こわざ)A


遠近用レンズ形状変更


フレネルプリズム膜


同名半盲


フルリム玉型修整


レンズ入替え玉型変更




 
良いメガネは、人生を豊かにします